力を合わせて、
HIV/エイズの連鎖を断ち切る

近年、HIV/エイズに関わる取り組みは大きく進展し、治療法も検査体制も格段に進歩してきた。しかし、HIV/エイズに関する知識はまだ十分でなく、偏見もなくなっていない。

エイズの最大の感染経路は性行為で、新規感染者は20代~30代が最多である。感染拡大を防ぐには、「強い意志をもって、自分自身とパートナーを守る」という個々人の決意と実行が不可欠である。

企画:利根英夫
ロゴ・イラスト:福原聖人

、自分たちの意識の向上と仲間の啓発をめざして、和田ゼミ起業研究会を主体とした「KUIS BATON PROJECT」がスタートした。「自らHIV/エイズの連鎖を断ち切る」意思を人から人ヘと「バトン(BATON)」のように渡し合い、人と人との新たな連帯をつむぎだすことがめざされていた。

タンブラーのイラスト

HIV/エイズをタブー視せずに
語り合う

日本では性に関わる問題をまだまだタブー視する傾向がある。パートナーや友達と気軽に話せず、どうしても蓋をしてしまいやすい。どうしたら、HIV/エイズに対する偏見や性に関わる心の壁を取りはらい、自らが当事者であるという意識にたどり着けるのか。バトン・プロジェクトでは、このセンシティブなテーマを「愛する、守る、団結する」というプラスのイメージに転化する新しい流れを打ち出そうとしてきた。

2007年・KUIS BATON PROJECTのイベントの様子

『エイズ感染爆発とSAFE SEXについて話します』著書の本田美和子さん講演会

重要な場となったのは、毎年 の「世界エイズデー」である。このモメンタムにあわせて、講演会、啓発リーフレットとコンドームの配布、Red Ribbonイルミネーション、学内施設をシンボルカラーの赤色に染める「レッドジャック」、合唱祭など、全学を巻き込む様々な企画が実行されてきた。

Light Up! Stand Up for AIDS!のポスター

Light Up! Stand Up for AIDS!イベント
        の様子

Light Up! Stand Up for AIDS!
~ともに巨大レッドリボンを作ろう~

「世界エイズデー」への参加を呼びかけ、携帯電話やペンライトで光のレッドリボンをつくった

タンブラーのイラスト

意思表示の「バトン」を
タンブラーに託して

からは学内で「KUIS BATONタンブラー」も販売した。卓上に置かれたタンブラーのメッセージをきっかけに、HIV/エイズ の連鎖を断ち切る決意を日々新たにし、仲間にも伝える「バトン」として、日常生活のなかにStop AIDS!を浸透させるためである。

タンブラーには、エイズに関する正しい知識と世界の現状への理解を促進し、気軽に検査を受けに行くための案内を含めたリ一フレットを添付し、売上げの一部はエイズ予防活動に取り組むNPOに寄付した。

マモレンジャー登場!

には、新たなエイズ予防の学内ネットワークをつくるため、「あなたを守り隊」が立ち上がった。そのキャラクターは「マモレンジャー」。親しみやすいストーリーのなかで、HIV/エイズの連鎖を断ち切る仲間を増やすキャンペーンである。

性を語ることに対する心理的な抵抗感をできるだけ軽減し、ごく普通に楽しく集まってお互いに啓発しあえる場を設け、 の「世界エイズデー」には、講演会だけでなく合唱祭や交流会も開催した。この一連のプロジェクトに和田ゼミ社会起業研究会は全面協力した。

「愛します宣言」
~相手に思いやり 2人にコンドーム
みんなで検査~

「あなたを守り隊」に入隊し、マモレンジャーとなるには、「愛があるからこそ、相手を思いやり、Safe Sex に徹し、そしてエイズ検査に行こう!」という「愛します宣言」を自ら高らかに宣言することが必須条件である。マモレンジャーの缶バッチをつけた最終隊員数は237名となり、このキャンペーンをきっかけに検査に行く人も増え、意識の変化をもたらすことができた。

マモレンジャーイエローのイラスト

「あなたを守り隊」入隊方法のリーフレット

「あなたを守り隊」缶バッチ

「あなたを守り隊」に入るメッセージ1

「あなたを守り隊」に入るメッセージ2

「あなたを守り隊」に入るメッセージ3

みんなで歌って、エイズ予防を誓う
「世界エイズデー」合唱祭

マモレンジャーグリーンのイラスト

マモレンジャーピンクのイラスト

あなたを守り隊の合唱祭の様子

の「世界エイズデー」には、"All You Need Is Love "を合唱した。誰でも気軽に楽しく参加できるイベントとし、学生のみならず、学長や教員、大学職員、学食スタッフなど幅広い人々の参加を得て、学内にHIV/エイズ予防啓発のムーブメントをつくることができた。大勢で集まって歌うことで、自分たちの意識を高めただけでなく、人々の関心を惹くこともでき、制作したムービーは講演会や交流会でも広く活用された。

あなたを守り隊の合唱祭の様子

あなたを守り隊イベントのリーフレット

の「世界エイズデー」には、オリジナルTシャツを着用した仲間が啓発パンフレットを制作・配布し講演会を行った。 では、"Seasons of Love"を合唱し、交流会をひらいた。オープンにsexについて語り合い、誰もが当事者であることを再認識すると同時に、相手に想いやりを持つことの大切さを再確認した。

あなたを守り隊イベントのリーフレット

当時の様子はKUIS BATON PROJECT HPにて

あなたを守り隊
オリジナルパンフレットをあなたにも!

マモレンジャーから
メッセージを込めてここに
パンフレットを共有します。

「”HIV/AIDS” 正しい知識と検査の重要性」PDF

マモレンジャーのイラスト:佐藤謙

協力: KUIS BATON PROJECT/和田ゼミ社会起業研究会/ 組織コミュニケーション論履修クラス
発行

あなたを守り隊活動の様子

マモレンジャーレッドのイラスト

HIV/エイズは身近な存在

正しい知識を持ち、検査を受け、 誰もが当事者として 感染予防の主体となるように